ボトックス

ボトックスでしわ対策

ボトックスでしわ対策

ボトックスで表情筋をコントロールして、しわを根本的に予防する。しわの対策としてボトックスは非常に有効です。

ボトックスは筋肉の動きを抑制させることのできる医薬品です。眉間や目尻などの表情筋に注射することで筋肉の動きが抑制され、しわができない素肌を作ることができます。しかし、過剰な投与や適正な場所に注入しなければ無表情となってしまったり、眼瞼下垂など見た目に不利益となるようなトラブルを引き起こしかねません。
ボトックスの適正な使用はしわの対策としては有効な治療です。

ボトックス

ボトックスのメリットとデメリット

ボトックス(A型ボツリヌス毒素)

ボトックスは代表的なプチ整形のひとつ。眉間のしわや目尻のしわなどのしわ対策に有効で治療の安全性についても確立されています。注射で治療しますので傷跡などを残すこともなくわずか数分で終了します。注射の痛みを心配される方も多いのですが、皮下に0.○mlという極わずかな量を注射するだけなので苦痛となることもありませんし、ボトックスの後に痛みを感じることもありません。


ボトックスのメリット
傷跡が残らない
数分の治療
確実な効果が認められる

ボトックスのデメリット
継続的な注射が必要
個人差はあるが、耐性が起こることがある
過剰な投与は表情をなくす


ボトックスで出来ること

ボトックスはしわの対策、しわ取りに非常に有効な治療です。その上、使い方・使う部位によってしわ対策以外にもさまざまな効果を発揮してくれるます。以下にボトックスの効果をご紹介します。
しわの対策・予防  眉間のしわ取り  目尻のしわ取り  アゴのしわ取り
小顔(エラボトックス)  多汗症(ワキ汗) など


当院で使用しているボトックス
当院で使用しているボトックス

ボトックスで表情筋をコントロールして、しわを根本的に予防する。しわの対策としてボトックスは非常に有効です。
ボトックスというのは製品の名称です。治療の呼称ではありません。正式な薬剤名は"A型ボツリヌス毒素"と呼ばれる医薬品です。実はA型ボツリヌス毒素には4つの種類「アラガン社(:グラクソスミスクライン)、ディスポート、中国製、韓国製」がありますが、残念ながら多くの美容外科では安価な中国製、韓国製のA型ボツリヌス毒素が使われています。
当院で使用するA型ボツリヌス毒素はすべて「アラガン社」の純正ボトックスを使用しています。
※ゼオミンという同様の効果がある製品もあります。ゼオミンはA型ボツリヌス毒素ではありません。


ボトックスの安全性
ボトックスはしわや多汗症の治療として厚生労働省が認可した唯一の治療薬です。極めて高い安全性と効果について認められています。しかし、それはあくまで適正な使用方法においてということが前提です。不適切な容量、誤った場所へのボトックスはさまざまなトラブルを引き起こします。あくまで医師の技術ひとつで仕上がり、結果が大きく違ってくるということを忘れないでください。
また、認可されているのは「アラガン社」のボトックスだけです。中国製や韓国製のボツリヌス毒素を使っているクリニックも多いので治療を受けられる場合は必ず、製品の確認、製造番号の管理などを医師に確認すると良いでしょう。

PAGETOP