線維芽細胞注入

目の下のたるみを取って昔の目元に戻る  ~ 下眼瞼切開 ~

弛んでしまった目元を若返らせたい!!目の下の弛みをとって昔の自分に戻る。
目の下のたるみは老化した印象を与えてしまいます。目の下のたるみが無いだけで格段に若く見えるものです。そんな目の下のたるみを解消させることができるのが「下眼瞼切開」と呼ばれる目の下のたるみを取る、リフトアップさせるアイリフトと呼ばれる手法です。下眼瞼切開の一番の問題はなんといっても傷跡と不自然な仕上がりなどのトラブルです。たるみを取って若返るはずが、不自然でおかしな目元になってしまったというトラブルが本当に多いのも現実。下眼瞼切開で成功するにはやはり医師の腕と経験が確実に物を言います。私たちは20年以上の実績だけではなく、目の下の治療(中でも下眼瞼脱脂術)においては国内有数の美容外科と多くのメディアでも評価されています。どうぞ安心してご相談下さい。
目の下のたるみを取る 慶友形成クリニックの下眼瞼切開
下眼瞼切開というのは目の下側のたるみんだ皮膚を切除して目元を若返らせる外科的手術です。多くのクリニックではハムラ法を推奨しているのを見かけますが、残念ながらハムラ法で行われていることはありません。本来ハムラ法とは大掛かりな切開と剥離が必要になる術式で、骨格を考えても日本人には向きません。中には眼窩脂肪を固定するのがハムラ法だと勘違いされている医師もいるのですが、大きな誤りです。当院にご来院される方は多くのホームページを参考にされている方が多く、ハムラ法がすばらしい術式であるかのごとく勘違いされているのですが、まずはそこを正さなくてはいけません。下眼瞼切開と言うのは単に皮膚を切除して済むだけの簡単なものではありません。骨格やまぶたの状態によっては外反といってアッカンベーの状態になってしまったり、ほとんど効果がなかったりとトラブルも少なくないのです。大切なのは今のあなたのまぶたの状態と、骨格を総合的に判断して、どこまでの仕上がりを求めるか?それに対して一番ベストな方法はどういった術式になるのかということを正確に判断しなくてはいけないのです。慶友形成クリニックの下眼瞼切開は皮膚を切除する方法、眼窩脂肪を除去する方法、脂肪を固定する方法、眼輪筋を引き上げて骨膜に固定する方法などさまざまな術式からあなたに合わせた方法を複合術式を含め具体的にご提案させていただきます。
また、私たちの下眼瞼切開には独特な手法があります。それは表面に傷が見えやすいということが問題となるため、術後のケアとして傷を目立たせなくさせるケアも含め実践しています。
下眼瞼切開の特徴
目の下のたるみを取ることができる
目の下の膨らみも同時に治療できる

下眼瞼切開のデメリット
傷は残りますが、思っている以上に目立つものではありません
腫れ、内出血の可能性が高い
目の下のテーピングは5日間必要

下眼瞼切開の治療の流れ

下眼瞼切開における治療の流れをご紹介いたします。ここでご紹介するのは一般的な治療の流れです。診察・カウンセリングについては何度でも受けていただけますのでどうぞご安心下さい。また、カウンセリングを受けたからといって手術を受けなければいけない訳ではございません。カウンセリングというのはあくまで治療プランのご提案です。その上で手術をご検討下さい。
Step-01 カウンセリング・診察
医師が目の下の状態を診察します。ご希望の仕上がりの状態をお聞きし、ご要望にあった適切な治療プランをご提案させていただきます。カウンセリングのお時間は概ね30分程度です。ご質問の数によっては長くなることもございます。
Step-02 血液検査
下眼瞼切開は外科手術です。年のため出血時間や感染症などの検査を実施させていただきます。ご希望がございましたらカウンセリング当日に血液検査を受けて頂けます。検査の結果には1週間程度のお時間がかかる場合もございます。
Step-03 下眼瞼切開手術
下眼瞼切開のご手術は両側で概ね120分程度です。手術の前に再度医師と打ち合わせをして、仕上がりのイメージを確認させていただきます。手術後は出血の有無を確認するのと、患部をしっかりと冷やして頂きたいため、30分程度はお休みいただき、その後ご帰宅していただけます。
Step-04 翌日検診
下眼瞼切開手術の翌日に傷を目立たせないようにするための処置をおこないます。傷は一生に関わる問題です。当院では少しでも傷跡を残さないようにするための処置を実践しています。こういった術後の処置は当院だけの特別なケアです。
Step-05 抜糸
縫合している糸というのはまつ毛の直下にあります。まつ毛よりも細い糸で縫合しますので、決して目立つものではありませんが、抜糸するまでサングラスは外せないでしょう。縫合糸は手術後5~7日後で抜糸しています。
Step-06 経過観察
手術後1カ月、3ヵ月後に状態を診させていただきます。その際、仕上がりの状態、傷の状態を確認させていただき、問題がなければ終了とさせていただきます。万一、仕上がりに不満がございましたら必要に応じて再手術をさせていただきます。


下眼瞼切開の費用

慶友形成クリニックの下眼瞼切開における治療費用については以下の通りです。これらの費用以外に発生するものは一切ございません。再相談・診療は無料、術後の検診費用などもすべて手術費用に含まれています。また、万一、再手術が必要になった場合でも追加費用はございません。
初診料(カウンセリング・診察)3,240円
血液検査6,480円
下眼瞼切開 皮膚切除のみ(両側)324,000円
下眼瞼切開 脂肪処理含む(両側)432,000円
総額皮膚切除のみ:333,720円
脂肪処理含む:441,720円
※片側の場合204,120円
他のまぶたの若返りを見る

PAGETOP